--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-30(Fri)

バナナマン設楽、初主演映画は社会派!裁判の傍聴人でAV3本万引犯や友人撲殺犯を裁く!・・さすが!

名脇役として、俳優の座を築きそうな気配を感じる
設楽だもん。
ドラマ「流星の絆」の刑事役も、
雰囲気を盛り上げていた。



お笑いコンビ、バナナマンの設楽統が裁判傍聴をテーマにした
映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』で映画初主演を果たすが、
初めて脚本を読んだときの戸惑いや率直な思いを明らかにした。
コントにテレビにと幅広く活躍しているバナナマンだが、
意外にも設楽はこれが映画初主演。
演じるのは、愛と感動の裁判映画の脚本を書くため、
生まれて初めて裁判の傍聴をすることになった三流ライターだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100730-00000004-flix-movi




通信講座 ユーキャン
芋焼酎 三岳

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最新記事
カテゴリ
Add to Google
My Yahoo!に追加

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。